後半戦



毎年のことですが、9月は架装屋さんにとって繁忙期になります。
この受注攻勢の波をならすべく、日ごろ最大限に交渉を進めていますがありがたいことに工場は待機車両で満員御礼です。
ありがとうございます。


夏の終わり。。。





本日から9月が始まります。

お盆休みもあったせいか、8月後半は怒涛の連続でした。。。
おかげ様で受注も堅調で、当社の生産能力を超える御注文に感謝しています。
ありがとうございます。

当社の仕事の最大の魅力と弱点が「人が造り上げる」というところ。
(業界全体の話ですが・・・)
機械設備の関係はありますが、ほとんどが「人」のパワーで造り上げます。よって、作業員1人に対する生産能力も限界があるということです。
お越しいただいたお客様はお分かり頂けると思いますが、当社スタッフは「品質・優先順位・時間」を考え、毎日真剣に取り組んでいます。その結果、お客様や地域の皆さまに受け入れられご愛顧いただいていることにつながっていると思います。
お客様あっての商売ですが、1台1台真剣に取り組む当社スタッフに一言でもねぎらいの言葉をかけて頂けると嬉しく思います。

そのスタッフと、研修会に出向き技術以外にも様々な勉強をさせて頂きました。また、障害者運転装置の特集や夏祭りのイベントにも参加したりとあっという間に夏が過ぎ去ろうとしています。

9月も夏バテと闘いながら(笑)地道に進んでいきます。
また、引き続き新しいスタッフを募集しています。


未来をつくる仲間を募集します

平成29年、早くも残り4カ月で終わろうとしています。
最近の当社は、皆様のおかげで大変忙しく仕事をさせて頂いております。
昨年HPを刷新し、霊柩車に注力して業務を進めておりますがもともとは「特殊車両」(はたらくクルマ)の製造を得意にして、今日まで様々な車両を製造させて頂きました。
その1台1台にあらゆる知恵と技術を駆使し、今日では製造待ちの状態まで実績を積み重ねることができました。
それは、地域の皆様・お使い頂くお客様・当社を御愛顧頂く皆様の心とお力添えがあってのことです。心から感謝いたします。
そして、忘れてはならないのが毎日真剣に業務に取り組む社員さんのおかげです。

毎朝、経営理念を唱和しプロ意識を持って業務に取り組んでいます。
決して楽しいばかりではなく、大変な重労働も危険な作業も時には出てきます。それを乗り越え、常にご満足いただけるレベルの車両造りができるのはこの社員さんあってのことです。
その社員さんと「将来はこうやって作っていこう!」と目標を挙げて進めていることがあります。
テーマは「私たちだからできること」

それが、霊柩車造りの第一歩でした。
構想から丸2年。ようやく出来上がりました。

・・・でも、まだお披露目しません・・・笑

もっと完成度の高いレベルまで仕上げて発表します。

前置きが長くなりましたが、こういう会社に入って頂ける方を探しています。
我々は今、霊柩車やパトカー・消防車など特殊車両を製造しています。我々が造る車両で、地域皆さんの安心できる社会が動いています。時には命や生命の危機を運ぶ役割もします。
我々が造る車両が、安心で快適な生活をつくりその先の未来を造っていきます。
クルマを造っていますが、我々の本当の仕事は「安心快適LIFE創造業」で「なくてはならない仕事です」

同じ思いや心を持っていれば、技術は身につくものです。
資格・技術・経験は問いません。

仲間として同じ未来へ一緒に進んでいける方からの連絡をお待ちしています。


お盆休暇

いつも大変お世話になっております。

平成29年のお盆休みのご案内です。

平成29年8月11日(金)~8月15日(火)

どうぞよろしくお願いします。


最近の記事