技術とは




現在進行形で進んでいる作業画像です。

架装と言っても、毎日ほぼ違う作業仕事が続きます。
また、ボディーの外側の改造もあれば車内の加工も必要になったりします。
つまり、ボディーの外装と内装の双方の技術があって初めて架装という業務が進みます。
当社は創業以来、外装と内装の業務を自社で行います。

職人が実際に目で見て、気になる部分は現物で型起こしをし、サイズを測り、納車前に不具合が見つかれば即座に修正作業にかかります。

そのため、溶接機からクレーン、ミシンや高周波機械まで多岐にわたる設備が整っています。

その機械を操作するのもひとであり、モノを作り出すのも人です。
技術を育てるということは人を育てるということなのかもしれませんね。


謹賀新年2021

雪が多い2021年の冬

無事に年を越すことができ、新春の営業をスタートしました。
何年経っても1年のスタートは神聖な心持ちになります。

今年も突き進みたいと思います。


大詰め

今年も数百台のクルマ作りをしてきました。
1台のクルマを完成させるまで、ボディー外装・内装・計測・計算・伝票発行と、全社員が関わります。

当社は、決して大きな会社ではありませんので社員の総合力で勝負です。。

今年もいよいよおおづめです。。。


外車あるある・天井はがれ

特にヨーロッパのクルマに多い症状です。
天井生地がはがれ垂れさがってくるという症状。

購入から10年ほどで出てくるこの対処方法は、「張り替える」のみです。
・天井ボードを取り外す
・ボード表面を研磨処理して地肌を出す
・採寸し、天井素材の裁断(素材は日本製)
・全面接着作業(接着剤・日本製)
・天井ボードの取付・復元作業

の作業を行います。
工期は約7~10日間(代車はございません)
天井生地が、グレーとベージュ各1色だけのラインナップですので、ピラや内装品と少々の色違いが出ます。
ご理解頂けない方はご遠慮ください。

年間施工実績は約40台
これまで800台以上の施工をさせて頂いております。




冬が。。。

お客様と打ち合わせのため蔵王に行ってきました。

すっかり冬の景色になっていました。。。
今年の冬はどんな季節になるのかなぁ


最近の記事