大事なお知らせ

皆様に大事なお知らせがございます。

当社は特装車の製造をメインに、鋼材の溶接や折り・曲げ・伸ばしなどを駆使し作るボディー加工と、ミシンを使用した幌シート・内張り加工を行っております。
当社の最大の強みが、車体の「外」と「内」を一貫して製造できるところです。

その業務の中で、7年前より内張りカスタム~バイクシート・カブリオレ張替え等の受注受付を辞め、現在も受け付けておりません。
当社の理念である「はたらくクルマ作りを通じて社会に貢献する」を目指し、特装車製造に特化するための決断です。

現在の内張り加工受付は、
・トラックイスの修理(トラック・ダンプのみ)
・天井張替え(トラック・バン・乗用車)
・商用車のイスカバー
・幌シート加工
 のみ作業受付させて頂いております。

霊柩車や緊急自動車、公共応急自動車等の特装車のクォリティーと機能性をもっと上げて、世の中の役に立つクルマ作りの仕事に全力を注いで参ります。


ミシン作業

クルマ屋にミシン!?

よく言われます。
でも、これがなければ内装仕事は完成しません。
ほぼ毎日、3台稼働しています。



春のお仕事


今年の春はなかなか来ないですね。。。
4月に雪とは・・・
でも、世の中は4月の新しい年度の準備が着々と進んでいます。

かわいらしい園児バスのシートカバーができあがりました!
泣いたり笑ったりのドラマが今年も待っているんでしょうね(^^)

子供に負けず大人も楽しんでいきましょう!!


商用車 タクシー客席修理


タクシーの後部座席・客席の座面修理を行っています。
乗り降り回数がハンパでない車種なので、純正ビニールレザーもかなり厚手の素材を使っていますが数年で破れるという症状が出てきます。
販売店では、部品の買い替えを勧めると思いますが部分的に張替修理の方がコストは半分以下に抑えられます。また、ほとんどの場合スポンジの亀裂・割れ、スプリングの破断も結構あります。
その付帯作業・修理も同時に行いますので使用年数が長いことを考えれば「張替修理」がローコストの修理方法と考えてます。



最近の記事