時間をかけて



2020年早くも一か月が過ぎました。
新春行事が終わり、通常のモードになりましたがご存じの通り日本全国暖冬で、少しずつ経済にも影響が出ていますね。
やはり「いつも通り」ということが世の中には大事なのかなと思う今日この頃です。

さて、表題にも上げました「時間をかけて」ですが、新春行事にやまがた舞子さんを鑑賞する機会がありました。歴史が古く永く続いているがこちらも人材不足とのこと。でも、そこに情熱をもって取り組まれている方もしっかりといる訳です。美しい舞に見入ってしまいました。。。
私たちも手探りで始めた事業が今年で10年を迎え、ようやく夢に描いていた光景が現実となってきました。
そこには多大なるお力添えをして頂いた方々と全社員の力があってこそだと本当に感謝しています。
そして、「続ける」大切さを日を追うごとに感じています。

決して日の当たることのない業界でありますが、そこに情熱を注いで頑張ります。
やまがた舞子さんのように質の高い、人々を魅了する仕事をこれからも続けていきたいと新春に改めて思いました。

何事も姿かたちが表れるまでには時間がかかります。
時間がかかって初めて物事の良し悪しが見えてくるものだと思います。
慎重に確実に歩を進め時間をかけてより良い仕事を続けていきたいと思います。


最近の記事