霊柩車・棺台レール 価格改定

この度、ミニバン型霊柩車・寝台車用の棺台レールを価格改定しました。

当社オリジナルで、ユーザー様の要望・ニーズを再考しこの度リニューアルしました。
過度な補強材の排除や新しい溶接法の接合を取り入れ、以前よりコスト削減し値下げいたしました。
1台・¥300,000(税別)

詳しくはトップページ中央の「霊柩車パーツ」をご覧ください。


芽吹き

おはようございます!

3月の年度末は毎年ながら繁忙期に入る時期ですね。
現在の社会情勢で世間では例年に比べ下降気味だといろんなところから話が聞こえてきます。

そんなことが騒がれていますが、自然は「いつも通り」の活動を続けているようです。ホッとするのと、生命力に勇気をもらえるような気がします。
気候も心も暖かい日が続きますように。。。


年度末


2020年3月
年度末が迫ってきました。

世の中はコロナウイルスで暗い話ばかり・・・
でも、間違いなく春は近づいてきています。
生花のように、ぬくもりや生きる力を感じる組織を目指して。。。


目指すもの



今年の冬はいつになく暖かく仕事がしやすい年ですね。
その反面、「いつもとは違う」影響が出てきているようです。
何事も「いつも通り」がいいのかも。。。

さて、私たちは特殊車両を作らせて頂いておりますがこれはお客様のご要望あってのことです。
その要望の中にも、車両運送法や様々な規制があり物理的には可能でも、現実に公道を走れない(ナンバー取得できない)ものもあります。
では、どうするか?

できる限りの知恵を尽くして、規制範囲の中でお客様のご要望を最大限に生かせる方法を考えます。
そこにはお客様と私達とのディスカッションの中で生まれた完成車が頭の中に描かれます。
それを様々な技術を使って形にしていきます。
時には、世の中に存在しない部品をも作り出します。
もちろん未知の領域や失敗が立ちはだかりますが、それを乗り越えたとき「職人」としての喜びを得ることができます。
お客様からご用命頂く仕事で喜びを得ることができる仕事をさせて頂くことは、本当にありがたく感謝しております。

大手メーカーからみれば、非効率な作業かもしれません。
日本国中、世界中の人々にご使用頂くことはできないかもしれません。
ですが、目の前の要望を満たして快適な、安心な、安全な地域社会が少しづつ少しづつ広がることだけは間違いありません。

私たちだからできること目指すものは、はたらくクルマ作りを通じて地域社会に貢献することです。
それを可能にする優秀な技術スタッフが揃っています。
これからもコツコツと皆様に喜ばれるクルマを作り続けて参ります。


時間をかけて



2020年早くも一か月が過ぎました。
新春行事が終わり、通常のモードになりましたがご存じの通り日本全国暖冬で、少しずつ経済にも影響が出ていますね。
やはり「いつも通り」ということが世の中には大事なのかなと思う今日この頃です。

さて、表題にも上げました「時間をかけて」ですが、新春行事にやまがた舞子さんを鑑賞する機会がありました。歴史が古く永く続いているがこちらも人材不足とのこと。でも、そこに情熱をもって取り組まれている方もしっかりといる訳です。美しい舞に見入ってしまいました。。。
私たちも手探りで始めた事業が今年で10年を迎え、ようやく夢に描いていた光景が現実となってきました。
そこには多大なるお力添えをして頂いた方々と全社員の力があってこそだと本当に感謝しています。
そして、「続ける」大切さを日を追うごとに感じています。

決して日の当たることのない業界でありますが、そこに情熱を注いで頑張ります。
やまがた舞子さんのように質の高い、人々を魅了する仕事をこれからも続けていきたいと新春に改めて思いました。

何事も姿かたちが表れるまでには時間がかかります。
時間がかかって初めて物事の良し悪しが見えてくるものだと思います。
慎重に確実に歩を進め時間をかけてより良い仕事を続けていきたいと思います。