トラックパワーゲートリフト

トラック荷台後方(まれにサイド)へ重量物昇降のためのリフト装置を取り付けます。

主に配送や、ボンベ・重量機械の運搬など手動での上げ下ろしには不向きなモノの
上げ下ろしに非常に重宝する装置です。
大きく分類すると「垂直ポスト」型と「アーム式」型、「マルチゲート」型に分かれます。

「垂直ポスト」型とは、荷台後方左右に地上高30センチくらいまで角型のコーナーポストが
付き、その中にシリンダが組み込まれておりポストが伸び縮みする動きでゲート板を上下
します。汎用性が高く、配送に関してはほぼオールマイティーにご使用頂けます。金額も一番安価に設定されています。


「アーム式」型とは、コーナーポストがなく左右に「腕を曲げたような」ガイドアームが昇降して
ゲート板を動かします。コーナーポストが無い分、現場での使用が格段にUPしています。
配送というより、現場での機械の積み下ろしや重量資材の昇降に適していると言えます。


「マルチゲート」型とは、配送を主体に考えられた昇降装置でアルミバン・アルミウイング等の
箱型車の後部扉を閉めた状態でゲート板が自動起立、または格下自動収納になります。
構造上、ゲート板がアルミ製です。
ルート配送や近場の配送で上げ下ろしの回数が多い職種に適しています。

各種昇降能力が300kg ~ 1000kgまで様々です。

使用用途や予算により選択先が大方決まります。
ぜひ、ご相談ください。
( 使用メーカー : トヨタ車体 ・ 新明和オートエンジニアリング ・ 他 )