変わらない。ということ



2018年の9月も25日となりました。

毎年ながら9月と3月は繁忙期になります。
車業界は古くからこのサイクルで動いており、お陰で毎年おおよその動き・受注・要望・決裁を見越すことができます。
ただし、そのサイクル間の波の激しさは年々大きくなっているような感じがしています。

この業界は数十年前は完全に「待ち」の業務スタイル。
業界の中でも比較的活発な企業様は「提案」型と「待ち」の混在しているスタイル。
この5年間でさらに伸びる企業は「提案」型と「待ち」と「自社の価値を理解している」企業だと思っています。

時代が変わる。とはヒトが変わるということです。
ヒトが変われば「望む」ものが変わります。
その一つで、クルマも形を変えます。
ですが、ヒトが安全安心を望む願いはいつの時代も変わりません。
我々はこれからもはたらくクルマ造りを通じ、地域社会の安全安心と関わる皆様の幸せを作り続けて行きたいと思います。
そして時代は変わっても、人を想う心は変わらずにいたいと思います。

毎年頂くこの時期の膨大な受注量に現場は緊張感に溢れていますが、皆様のご期待に感謝して、丁寧な製品をつくって参ります。