エンディング産業展2019




2019年8月20日~22日(木)まで東京ビッグサイトにて
「第5回 エンディング産業展」が行われています。
今年で2回目の参加、初の霊柩車(ミニバン・アルファード)を持込展示させて頂いております。


来場者4万人、その3割くらいが海外バイヤーの日本で一番大きな葬祭業界の展示会で、回を重ねるたびに国際色豊かになってきております。
我々のビジョンにマッチした、一般の方はほぼいないBtoBに特化した祭典です。

今年も多くの仲間と、新たな仲間と、お客様と、私たちスタッフの絆を深める良い機会であり、新しい出会いが待っていてくれます。
丹精込めた美麗なる霊柩車と、私たちの「姿勢」を見て頂けると嬉しく思います!

(^^)会場でお待ちしております!!


次世代の挑戦


ミニバンをベース車両とした寝台霊柩車が完成しました。
全貌はまだお見せできませんが、今回新たに取り組んだものがあります。
「カーラッピング」という手法です。
これは自動車のボディーにフィルムでラッピング(貼り付け)するということです。
フィルムの種類と素材は豊富で、今回はホワイトカーボンをチョイス。
霊柩車と言うと、暗くおごそかなイメージですが今回御提案したカーラッピングが今後増えてくると感じています。
ボディーがホワイトのルーフがホワイトカーボンラッピング、ボディーサイドには特徴的なデザインマーキングが施されています。

次世代の霊柩車。という部類になるのでは。。。

このカーラッピングは、霊柩車のみならず乗用車もほとんどの車種で対応可能です。
ボディーを保護するので、キズ・日焼けを防止していつかの下取り時にはキレイに剥がすことも可能との事ですよ。

今後ますます増える作業になりそうです。
次世代の車両つくりがここで行われています。。。


マイクロバス型霊柩車 その1





現場から、できたてホヤホヤの完成情報です。

マイクロバスをベースとした「バス型霊柩車」が完成しました。
29人乗りの車両に、柩収納箱・柩台レール(ロールアップ)・後部左側開閉扉・トランク改造・乗車定員22名
オプションとして、柩収納箱前方に点検口を設けました。

お客様のご要望により、中古車を使用し全体価格を抑えました。
架装グレードは3段階のうち、2番目のスタンダードグレードです。

床面シャシに防錆塗装が施され、寒冷地でのご使用がより快適になります。

家族葬や密葬が増えて行く中、特に地方都市では大人数での移動がまだまだ必要です。
必要なものを必要な時に予算・ニーズに合わせた車両造りが得意ですので、これからも皆様のご希望に沿った車両を提供していけるよう精進して参ります。


柩台 フルステンレス



当社製造の霊柩車に搭載される柩台のレールです。

フルステンレス製で非常にきれいな仕上がり。
ですが、廃車まで問題無くご使用頂くために各部に補強を施しています。
只今、ミニバンタイプの車両を中心に霊柩車の製造案件が少々立て込んでおります。
大変ありがたいことですが、柩台レールをご注文頂いておりますお客様には、納期を少々多めにいただく事が多くなってきております。

我々はプロとして自信を持ってご提供できる製品づくりを心掛けています。よって、量よりも品質・強度・お客様のご満足を頂くことを最優先に取り組んでいます。それが、社会の役に立ち世の中が発展し、世の中に無くてはならない存在を目指す理由であり、当社の理念です。

即納できず大変申し訳ありませんが、必ずご満足いただける製品をお届けします。
ご注文頂いているお客様、もう少々お時間頂きます様お願い致します。

これからも、日本・世界問わず「人」の役に立つ仕事を目指して参ります。


バス型霊柩車

マイクロバスをベースにした「バス型霊柩車」

当社の中で得意な架装案件の一つです。
「柩と御親族様が一度に大勢移動するため」の役割を持つため、見た目的には少々簡素化と感じるかもしれませんが、「純正品」を目指す当社としては目立つことなく、でも目的が達成されることと廃車まで壊れることや不備が無いことを目標に製造しています。

画像は製造過程の一部

サイズ・質感・仕様を打合せ、フルオーダーで製造させて頂いております。
まもなく完成です。。。