会社の歴史 2



時は「昭和」時代
3代目・大江甚太郎が「大江幌自動車工業株式会社」に組織変更したのが昭和38年

業務拡張に伴い、敷地を拡げ作業場の増築を行いました。
車業界に限らず、ほとんどの業種が業務拡張の時代になっていたと想像しています。

増築の繰り返しで、「つぎはぎ」だらけの工場は
平成9年
4台目 大江栄治が大規模改築・第二工場の増設を進めました。
社名を「株式会社大江車体特装」に変更

特装とは「特殊装備」の略語で、名の通りクルマに特殊な装備の製造と設置を行っております。
平成時代は、福祉と災害の多い時代でした。
その時代に即した様々な車を世に送り出していきました。

現在、5代目
トラックやマイクロバスだけでなく、モノコックボディーの乗用車の改造を手掛けています。
大量消費の時代は過ぎ去り、本当に必要なものだけが生き残る時代に。
世の中の声と、人として幸せに生き抜くために「時代」と向き合いながら、地域産業に寄与するクルマ作りを脈々と受け継ぎ発展させております。


上段画像
第一工場(現A工場)の奥
以前はトタン屋根の資材置き場として使用されていましたが、老朽化と作業量の増大から作業スペースの確保が難しくなっていました。
現敷地の約半分を占めていた資材置き場と木材加工場を一度さら地にし、第二工場(現B工場)の新設を行います。

中段
工事開始の地鎮式

下段
工場増設に伴い事務所もリニューアル工事を開始。
現在の事務所となりました。




最近の記事