目指すもの



今年の冬はいつになく暖かく仕事がしやすい年ですね。
その反面、「いつもとは違う」影響が出てきているようです。
何事も「いつも通り」がいいのかも。。。

さて、私たちは特殊車両を作らせて頂いておりますがこれはお客様のご要望あってのことです。
その要望の中にも、車両運送法や様々な規制があり物理的には可能でも、現実に公道を走れない(ナンバー取得できない)ものもあります。
では、どうするか?

できる限りの知恵を尽くして、規制範囲の中でお客様のご要望を最大限に生かせる方法を考えます。
そこにはお客様と私達とのディスカッションの中で生まれた完成車が頭の中に描かれます。
それを様々な技術を使って形にしていきます。
時には、世の中に存在しない部品をも作り出します。
もちろん未知の領域や失敗が立ちはだかりますが、それを乗り越えたとき「職人」としての喜びを得ることができます。
お客様からご用命頂く仕事で喜びを得ることができる仕事をさせて頂くことは、本当にありがたく感謝しております。

大手メーカーからみれば、非効率な作業かもしれません。
日本国中、世界中の人々にご使用頂くことはできないかもしれません。
ですが、目の前の要望を満たして快適な、安心な、安全な地域社会が少しづつ少しづつ広がることだけは間違いありません。

私たちだからできること目指すものは、はたらくクルマ作りを通じて地域社会に貢献することです。
それを可能にする優秀な技術スタッフが揃っています。
これからもコツコツと皆様に喜ばれるクルマを作り続けて参ります。


最近の記事